総務省が携帯キャリアの解約手続ページのnoindex非表示について指摘

総務省が、事業者間協議(2021年1月13日開催)において
一部の携帯キャリアが解約手続ページのHTMLに「noindex」を埋め込んでいることを指摘しました。

noindexとは?
googleなどの検索エンジンでの検索時に、noindexタグが埋め込まれているページは
キーワードが引っかかっていたとしても検索結果に表示されなくなります。

通常noindexはサイトのエラーページや重複コンテンツ、カテゴリ表示、質の低いページなどの埋め込み、SEO(検索エンジンの最適化)対策として有効な手段です。

今回これを総務省が指摘したとの内容になります。

これによりNTTドコモ、KDDIがnoindexタグの削除を実施したとのことです。
・NTTドコモ(2021年1月20日に削除)
・KDDI(2020年12月25日に削除)
なお、ソフトバンクは元々noindexはなかったとのことです。

 

最近は携帯キャリアの値下げに伴う施策としてかなりテコ入れもされているなかで
noindexまで指摘となるとキャリアが国にとても目をつけられていて怖いくらいですね。

 

https://www.soumu.go.jp/main_content/000735824.pdf

 

News/検証/やってみた
この記事の投稿者
AKI

ソフトウェアエンジニア歴10年以上、業務系システムからゲーム開発まで幅広く経験し
現在はフリーランスプログラマとして従事している。
得意言語: PHP, JavaScript, Java, C#(Unity)

フォローする
フォローする
スポンサーリンク
WoW creators

コメント

タイトルとURLをコピーしました