>/dev/nullとはなにか?

bashなどを記述する時に「>/dev/null」みたいな記述を見かけませんか?
その簡単な説明です。

/dev/nullとは

まず、
/dev/nullとは?

/dev/null(nullデバイスとも呼ばれる)は、
UNIXやUnix系OSにおけるスペシャルファイルの1つで、

そこに書き込まれたデータを全て破棄する命令です。

> , >2とは

次に、「>」は「リダイレクト」になります。
>」を指定すると標準出力、
>2」を指定すると標準エラー出力がファイルに出力されます。

「標準出力?」というのがまずハテナかもしれませんが、
echoなどで画面に出力して表示するもののことです。

この標準出力がファイルディスクリプタ1番にあたり、

2がファイルディスクリプタ2番にあたるので標準エラーは2の扱いになります。

>/dev/nullとは

>/dev/null1>/dev/nullと同じ意味です。
標準出力を破棄するよということになります。

 

ちなみに、
&>/dev/nullは、>/dev/null 2>&1と同義で、

2(標準エラー出力)を1(標準出力)にマージするよということで、
>/dev/null 2>&1は標準出力・標準エラー出力の両方を破棄することになります。

 

それでは。

開発日記
この記事の投稿者
AKI

このサイトの共同編集者

エンジニア歴11年目、業務系システムからゲーム開発まで幅広く経験し
現在はフリーランスプログラマとして従事している。
得意言語: PHP, JavaScript, Java, C#(Unity)

フォローする
フォローする
スポンサーリンク
WoW creators

コメント

タイトルとURLをコピーしました